tupichan’s billboard hot 100

洋楽のはなし(Billboard Hot100を中心に)

ビヨンセの歌うブラックバード、演奏しているのはビートルズ?

www.youtube.com

 歌姫ビヨンセがカントリーチャートでもトップに輝く初の黒人女性アーティストになりました。これは1964年の開設始まって以来の快挙だとか。また、デスチャからソロに転向し、そのソロ名義では8枚連続のアルバム・ナンバーワンとなり、自身の持つ7枚連続の記録を更新し、8枚連続のナンバー・ワン・アルバムとなりました。チャートとは直接関係ありませんが、前作の『RENAISSANCE』も『COWBOY CARTER』も馬に跨ってます。

 さらにさらに、トップ・カントリーでも1、2、3位と独占しました。

 ところで私が気になったのが、ブラックバードのカバー。言わずと知れたビートルズの名曲(私もアコギで練習したことありマス)。なんとビヨンセのバックでギターを奏でているのがポール・マッカートニー。というか、ビートルズの音源がフューチャーされています。それが理由で、この曲に関してはポールがプロデューサーと、ギターとしても名を連ねることになったようです。聞いた時、ちょっとした衝撃を受けましたが、この曲の持つ意味やビヨンセが歌うことに関する意味を考えると、これ以上にない組み合わせかなとも思います。

27曲目のナンバーワン、ジョン・レノンを抜いて単独2位

3月23日付のビルボード

ソングライターのマックス・マーティンが記録を伸ばしています。

♪通算27曲目の1位:単独で2位に(1位はポール・マッカートニー
♪初登場1位:9曲(ドレイクと並びました)

 

www.youtube.com

 

主役はアリアナ・グランデ

♪通算9曲目の1位

♪初登場1位:7曲

VAN HALEN/ Van Halen

VAN HALEN

 いよいよMofiからヴァン・ヘイレンVan Halen)シリーズが開始されました。とは言っても、全作品ではなく、ダイヤモンド・デイヴの時代のみに限っています。いやらしいサウンドは、確かにデイヴ時代に限りますが、音楽性はSammyの方が時代にあった感じがします…

 

Billboard 200では最高位19位(初登場から11週目)、2024年現在173週ランクイン。

 

Good As I Been Tο You/ Bob Dylan

Good As I Been To You

着実に全作品をSACD化する道を進むMFSLのシリーズも1992年の今作まで来ました。全編アコースティック・ギター1本の弾き語り。フロントジャケットより裏ジャケの方がお気に入り。トム・ペティらと来日した時のスタイルかな?かっこいい。

元々サウンドプロダクション時に変なエフェクトさえかけなければ、最もシンプルな演奏をパッケージするだけだから簡単そうに思えて実は最も恐ろしいのかもしれない(と思う)。

ともかく、アイドルの声は年々衰えていくが、ギターの腕は、今作と同じスタイルの『ANOTHER SIDE OF BOB DYLAN』と変わらない。そして全曲カバーというのは初めてというのも、本人にとってはチャレンジだったのかも。全て彼の新曲になってる。

 

Billboard 200では最高位51位(初登場時)、チャート内もわずか8週間のランクイン。

レジェンド・カントリー・シンガー、逝く

www.billboard.com

 2024年2月17日付のアルバム・チャートで突如136週目にしてナンバー・ワンに座したToby Keithのベストアルバム『35 BIGGEST HITS』がランクイン。てっきり(新しい)ベスト・アルバムと思いきやこのニュースに反応しての動きでした。ご冥福をお祈りいたします。

 なお、このアルバムは2008年5月にリリースされ、初登場2位(2008/05/24)が最高位でした。今回のリ・エントリーは昨年のカントリー旋風に乗って6月10日(145位)にエントリーした後、10月14日(164位)で姿を消して以来のリ・エントリーでした。

 

今週のシングル・チャートは通算4回目にして5週目となるJack HarlowのLovin' On Me

ビルボード・ナンバーワン・ソング(2024)

26曲目のナンバーワン、ジョン・レノンと並ぶ

www.youtube.com

アリアナ・グランデの3年ぶりとなるソロのソングライターに稀代のメロディ・メーカーマックス・マーティンが名を連ねていますが、初登場1位でランクインしたので、さまざまな記録が誕生しています。

マックス・マーティン・ナンバーワン・ソング・リスト

♪通算26曲目の1位:歴代2位

♪初登場1位:8曲

 

主役であるアリアナ・グランデ

♪通算8曲目の1位(Martinの楽曲としては2曲目、意外と少ない…)

♪初登場1位:6曲